”悲観より楽観”(松下幸之助)